コードでピアノ弾き語りを挫折しないで続ける方法

階段をいっぽいっぽ登っているイラストコードでピアノ弾き語り

ひかりです。
ピアノコードで自由自在にピアノ演奏をしたい方に向けていろいろな視点から記事を書いています。
あなたらしく、楽しく、無理なく、そこに重点をおいています。

ピアノコード表などでコードをまねして押さえているだけなので理屈がわからない


このような場合はとても多いと思います。

これだと結果的に続かなくなってしまいます。
「えーっとG7だからソシレファ…」「えーっとCだからドミソ」「うーんとEmだからミソシ…」
「ええぃ!!わからん!」みたいな。

シンプルなキーでシンプルなコード進行を1曲、根性で丸暗記するならばそれでも良いかもしれません。しかし、コードはたくさんありますのでそれでは応用がききません。

大事なことは先ず最初のうちにコードの仕組みを覚えることです。このコードは何故その押さえ方になるのかを構造を理解します。
それがわかると結果的に早道です!

初心者向けのピアノコード学習本
はじめよう! ピアノでコード弾き (CD付) (キーボード・マガジン)

超初心者向けのピアノコード学習本
はじめよう! ピアノでコード弾き 超かんたん編 (CD付) (キーボード・マガジン)

私は遠回りをしてしまいましたので、これを読んでくださっている方にはなんとかコード弾きを諦めずにいてほしいです。

さて、では、どうやってコードの構造を覚えるか

弾き語りのためのピアノコード弾きを覚えるにはどうしたら良いか

あたりまえのようですが、大きく分けて1.人から習う 2.独学です。
どちらでもいけます。

1.人から習う

最初にスクールか、個人の先生か、形式は対面オンラインか、内容はカリキュラムに沿っての指導か生徒との話し合いか。体験レッスンがあるなら是非ためしてください。

クラッシックを主体にキャリアを積み上げてコードも教えている先生なのか、ジャズ、ポップス、作曲などアレンジなどを専門にしている先生なのか、でも違ってきます。

最初に相談をした時点であなたの悩みをキャッチしてどのようなレッスンをしていくのか提示できる先生だと良いです。それにはあなた自身も、今どのくらいの事ができて、どのような事が出来るようになりたいのか、伝えられるようにしてくださいね。

あなたに合う先生が見つかって楽しく練習を積み重ねれば挫折なくうまくなる可能性は大きいでしょう!練習は必須ですよ~。

2.独学

ピアノコードの弾き語りの独学、可能です!
どれくらいのスタートラインの方がどのらいのレベルまでか。それぞれ全くちがうので一概に言えませんが、楽しく練習を積み重ねて行ければ(練習と感じないほど楽しめれば)かなりの確率で上達します。

ゲームでも、料理でも、パソコンでも、絵でも、スポーツでも楽しく続けていたらいつの間にか周りの人より上手くなってた。ってありませんか?
おなじです!

最近は、YouTubeなどで良い動画コンテツを出している人もたくさんいるのでホントいい時代です。

私のころはパソコンも限られた人しかやっていなかったのでひたすらCDやカセットテープ、MDを聴いてひたすら弾いて。
うーん、それを考えると最近は便利!

結論
コードでピアノ弾き語りを挫折しないで続ける方法は、まず、コードの構造をしっかり理解できるような練習を取り入れることです。

方法は習う独学か。

【習う】
メリット   自分に合う良い先生に出会えれば上達が早い。お金を払っているので頑張れる。
デメリット  習っている事に満足してしまう。弾き語りを教えている先生がすくない。

【独学】
メリット   自分のペース、方法で進められる。好きなことにはのめり込めるタイプは上達する
デメリット  強制力がない。わからないときに聞く人がいない。

自由自在にピアノを弾き語れる姿を想像して頑張ってくださいね!
まず、最初にコードの仕組みを覚えてください。それが挫折しない第一歩です。

先程ご紹介した初心者向け、超初心者向け学習本です。
発売日は最近ではありませんが普遍的でわかりやすいです。

コメント