初心者でもコードでピアノ弾き語りが出来るようになるために必要な事

考えているポーズのイラストコードでピアノ弾き語り

ひかりです。
ピアノコードで自由自在にピアノ演奏をしたい方に向けていろいろな視点から記事を書いています。

ちょっとだけ自己紹介
都内や横浜のクラブやバーラウンジでフリーランスとして演奏10年。週に6日で夜から朝まで演奏していました。

メロディーのみのピアノソロだったり、ピアノ弾き語りだったり、ボーカリストの伴奏だったり。
演奏形態もソロピアノ、デュオ、トリオなど様々でした。

1990年頃から2000年頃の話です。現在ではピアノやバンドが入ってるお店はめっきり少なくなってしまいましたが当時はまだ結構ありました。一日のうちに何件ものお店をかけもちしたりしました。


実は私はクラッシックピアノをしっかり習った経験はありません。音楽大学や専門学校なども出ていません。


では、なぜ10年間継続して音楽で食べていくことができたのでしょうか。
なぜピアノコードを使って自由自在にピアノ演奏ができたのでしょうか
(最初はひどかったな~(笑)奮闘記はのちのちに)

ピアノコードで弾き語りが出来るようになるには?

・諦めないで続ける

これが大切です!
えっ?そんなあたりまえな答え?
はい。。。では深堀りしていきましょう。

ピアノのコード弾きを諦めないで続ける

大半の人がコード弾きを諦めてしまいます。ピアノコードを覚えるのは挫折しがちです。当然のことながら諦めたらそこで終わりです。
では何故あきらめてしまうのでしょうか。

諦めてしまう原因として…

・ピアノコード表などでわからないコードをその場しのぎに押さえているので理屈がわからない。

・コードは押さえられてもどのようなリズムで演奏したら良いか今ひとつわからない。

・右手でコードを押さえるのか?左手なのか?空いた方の手はどうしたらいいのかわからない。

・クラッシックピアノが出来る方→コード弾きを覚えるよりも市販の楽譜の通りに弾いた方が楽。

・ピアノが初めての方→そもそもピアノの鍵盤を押さえることに難しさを感じる。

・忙しくて時間がない。

・続けたところで披露する場もなくモチベーションが上がらない。

・コード奏法を教えてくれる人や教室が身近にない。

・独学で練習方法がわからない。

・楽しめない

どうでしょうか?思い当たる項目はなかったでしょうか?
初心者でもピアノのコードを使って弾き語りをするにはとにかく諦めてしまわない。

挫折しそうになるには必ず明確な理由があります。
ですが、大半のかたはただなんとなく「難しいから。よくわからないから。」という感じでやめてしまいます。

あきらめない。あきらめない。継続する。
原因をつきとめる。
原因がわかったらそこから対処できないか考えてみる。

とはいっても難しいですね。
上記の項目、ひとつひとつ順番に解説してあなたのピアノライフをを成功に導きます!

次の記事にGO~
「ピアノコード表などでわからないコードをその場しのぎに押さえているので理屈がわからない」
の解決へ。
ではでは。

 

 

コメント